スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちいさなもの

2009年02月07日 19:48

無題
                     心をささえるのは いつだって

                         ちいさきものたち
                       何も持たないものたち

                      きらきらした 宝石ではなく
                   小枝の手を持った ちいさな雪だるま

                  雪と同じように 砂糖みたいに 彼らは消える 

                   覚えてて欲しいなんて 思わない
                     いつも 彼らはそばにいるから
                    自分が 見えるときに 気づくから 
                    妖精みたいに ある瞬間からはっと

                  ほんとうは なにもかもがそこにあるから 
 
               ちいさくて はかなくて いちばんおおきなものたち 

                   何もかも もっているものたち              
スポンサーサイト

朝帰り

2009年02月05日 17:17


博多駅

2009年02月05日 17:15



体が重たい時は トンネルをくぐればいい
暗闇を照らすオレンジは すべての物の形をあいまいにして
世の中にあふれてることで 確かなことなんて そんなにないって気付くから
かるい気圧の変化が 水に沈んだときみたいに
ひとりぼっちを思い出させるから
響く音は 内臓までとどき いつも日常の下で身動きできない自分を
揺さぶるから
出てしまうと そこでまた 毎日が始まっちゃうんだけど
そやって トンネルの中に 落し物をできる 殻を脱ぐみたいに ザリガニみたいに
きっと 少しは身軽になってるはず

博多

2009年02月03日 14:39

無題

この日を覚えてる 

この日はクリスマスイヴだった
母の手術の前日で 入院している九大の帰り
家に帰って 明日のことについて考えるのが怖かったから
博多にでて 長い間 橋の上で河を見ていた
町はイルミネーションで でも それが自分と同じ世界で起こっているなんて
ぴんと来なかった そんなときの写真


すべてを 自分のなかに抱えてしまいたいなんて思う年頃があって
これはまさしくそんな時期だったから
自分を強くしようと思い過ぎて まわりを削除しようとした
世界から 孤立したかった 
守りたいものを 自分が守れるのか不安だった
意地をはって 誰にも頼らなくて  そうやって
平気な顔をしているのが 自分で好きだった



結果 大事なものを傷つける可能性を持つものには 容赦なく攻撃し
数少ない 愛すべきものたちに 異常に執着する
厄介な性格を確立した
でも その愛すべきものたちが あたしを裏切っても
怒らなかった
自分が 相手を愛するという行為自体が 面白かったから
彼らの 変化する心は ある意味魅力的だった
あたしの手に収まらない 変化や才能は いつまでも飽きなかった


そやって 数少ない人々の
奇抜な色から たくさんのイメージを引き出すのがあたしの好きなこと
イメージは枯れてはいけない
その余韻もすき

どきどきする 瞬間のためにいきてる
誰もが 感動する言葉より 
あたしの傷に 刺さるような言葉

衝撃的で 恋のようなシーンを いつも探してる

my cat2

2009年02月02日 22:28

652587_3260575013s.jpg
652587_1728260734s.jpg652587_953552956s.jpg652587_948942101s.jpg652587_856639966s.jpg652587_271449693s.jpg652587_1890173151s.jpg



ブラジルダンスと北の大地

2009年02月02日 22:10

無題22
JRAの研修のときの写真


馬って 不思議な生き物だと思う
心が読まれてる気がするから
そゆうのは 犬とか 猫で感じるのと違う
ひいたり 世話したりしてるとき
自分が 「こわい」って心の中で感じてると
馬はあたしをからかう
つなを引っ張って前足を上げる
ひひーんって
「こわい」を抑えようとしてもダメ 隠せない
本当に怖くなくなったとき 馬はついてくる
自分勝手に 引っ張らなくなる
そして あたしの肩に 顔をのっける

amami

2009年02月02日 21:48

無題777
世界で一番好きな島
海のなかには たくさんの魚 たくさんの黒ナマコ
手でつかめる場所に 紫と黄色の奇抜なウミウシ
磁石で引っ張られたみたいに いっせいに動くマングローブのカニ
一面に ウニ
一晩に100個以上流れる流れ星
命を奪う ハブ ウツボ
足に刺さるサンゴ
その 痛さや 恐怖が 自然のありかたそのもので心地よい
体が覚えている感覚
ずっと生き物が触れてきた空間
懐かしくて 怖くて 安心する島
それは「安らかな死」 にも 似ている気がする

北海道

2009年02月02日 16:15


my cat

2009年02月02日 14:35

652587_1432103133s.jpg

652587_1959365677s.jpg652587_3238968135s.jpg

652587_3543025430s.jpg

my cat
ウズラにしかみえない!!
捨ててあったから 耳がちょっと怪我 欠けてます

PARIS

2009年02月02日 13:26

無題2


無題4


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。